子宮がんの初期症状として、不正性器出血や帯下などの症状が見られます。
乳癌の初期症状として、胸のしこりなどが見られます。
卵巣癌の場合、子宮癌や乳癌のように腫瘍がかなり大きくならないとわからない為、自分で症状を自覚する事ができないのです。
ただし、これは卵巣にできる悪性腫瘍の場合です。
腫瘍が大きくなると、こぶし大にまでなるそうですが、それでも気づかない場合もあるようです。
これらの癌になった場合、化学療法や放射線療法、手術などが行われます。

スポンサードリンク

子宮癌の初期症状と手術療法

子宮がんの手術療法に関して、ご説明したいと思います。

手術療法は、癌治療の中心的なものとなっています。
手術の技術が、抗生物質の研究を行う事で進歩してきた感染症対策により安定してきた事で、手術が行われるようになっています。

しかし、癌というのは再発や転移が最も恐ろしい事なので、癌のある部分のみを摘出するのではありません。
まわりの臓器や臓器全体、リンパ線まで摘出する手術方法が行われていました。

子宮頸癌の場合は、上皮内癌という0期段階では、単純子宮全摘出といって、子宮のみを摘出する方法が行われます。
2期にまで進んだ場合は、「広汎子宮全摘出術」というリンパ節や骨盤結合組織まで摘出する方法が行われます。
これらの癌は、集団検診などによって早期発見されることも多くなり、放射線療法や化学療法も手術以外にも行われるようになりました。

また、手術後の生活の質などが配慮されるようになった事で、切りすぎという事を行わないようです。

乳癌や胃癌などの場合、手術範囲を縮小したり、直腸癌の場合、機能を温存したままの手術方法が行われています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

子宮がん検診と初期症状:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://l.fo20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。