日経225先物取引を行うには、どのようにしていったらいいのでしょう。
まず証券会社に自分の口座を開設し、日経225先物取引に用いる証拠金を入金します。
証拠金の最低金額は、証券会社にもよりますが、少なくても50万円以上がほとんどですので、証券会社に、直接問い合わせをしてみてください。

スポンサードリンク

日経225先物の取引方法

日経平均相場を、自分自身でまずは予想してみます。
日経平均株価が上昇すると思ったら「買い(買建)」で、下落しそうなら「売り(売建)」のスタンスをとります。

スタンスがどちらの場合でも、満期まで保有か、または満期までに買い戻しや転売をする反対売買をするのか、取引を相場に応じて行います。
日経平均株価が、予測と逆に動いたら、損失になるというわけです。

日経225先物取引のあらゆる決済は、「差金決済」になります。
建値と反対売買との埋値を差し引いた金額を受け渡して、手元にある資金を決済します。

日経225先物取引の決済方法の種類は、「SQ決済」と「反対売買」の2種類です。
反対売買は、買建では満期までに転売をし、売建は満期までに買戻しをして、建値と埋値の差し引いた金額を決算します。

SQ決済とは、それぞれの限月の第2金曜日に、日経平均株価を構成している225銘柄の寄付き値から算出された日経平均株価(SQ値)によって、建値と差し引かれた額を出して決算します。

満期は、日経225先物取引では「限月(ゲンゲツ)」と言っています。
日経225先物取引の取引最終日は、3・6・9・12月の第2金曜日の前日であり、これを「限月取引」と呼んでいます。

日経225先物の限月取引は、取引最終日が1番近いものから、平行して順に5種類の限月取引を行います。

限月取引の例では、現在が2月の場合、3月が取引最終日の1番近いものに当たりますから、限月の取り引きされるものは、3・6・9・12月と、来年3月の5限月ということになります。
限月取引の1つ目が終わったら、次の日から新しい限月取引が始まります。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

日経225先物,ミニ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://l.fo20.com/225/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。