日経225先物取引の買建と売建

日経225先物取引で利益を得る方法には、2種類のスタンスである「買建」と「売建」とがあります。

スポンサードリンク

「買建」は、日経平均が今後上がりそうだと予測したときに行うものです。

日経平均が、現時点で仮に14000円だとしましょう。

日経平均が、予測通りに上がり、14500円になったので転売をした場合には、上昇した500円が日経225先物取引の利益になります。

日経平均が、反対に下がってしまい、13500円になったところで転売か満期を迎えたとしたら、下落した500円分の日経225先物取引の損失が発生するのです。

「売建」は、買建と反対に日経平均が下がると予想したときに行う、日経225先物取引の方法です。

日経平均が、仮に現時点で14000円だったとして、予測が当たって13500円まで下がったとします。

買戻しをしたら、下落した500円が収益になるのです。

日経平均が、予測を外して14500円になったとしたら、その時点で買戻しをしたり、満期を迎えたとすると、上がった500円分が損失になってしまうのです。

金融取引のイメージでは、値上がりしているときのみ、利益が発生するといった考え方がありますが、日経225先物取引では、値が下がっていても、利益を発生させることが可能なのです。

日経225先物取引は、読みが外れた場合には、利益が大きく出せる半面で、損害も多大になってしまうという特色を、肝に銘じておくべきでしょう。

日経225先物取引は、買建も売建も、取引金額が1000倍単位で行われていますから、例えば500円のプラスなら50万円の収益が、500円のマイナスなら50万円の損失が生まれます。

日経225先物は、1日に100〜300円くらいの値動きがあり、10円でも1万円が動くので、資金効率の良さが人気となっています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

日経225先物システムトレード情報サイト
日経225先物取引のシステムトレードを利用するときは、システムを構築する際に、日......
日経225先物の意味と特徴
年金問題が、新聞やニュースで連日話題にのぼっています。 年金問題への不安から、資......
225取引の理論価格と裁定取引
日経225先物の値段は、どのように形成されているのでしょうか。 日経225先物取......
日経225先物のトレード売買
日経225先物取引を始めるときに、重要なポイントは自分に最も適したトレード・スタ......
日経225miniミニの特徴とメリット
日経225先物で取引をする金額よりも、もっと少額でスタートできる商品が、大阪証券......
日経225先物の取引情報
日経225先物取引では、いろいろな情報を集めて判断を下すことが、より利益につなが......
チャートのローソク足や移動平均線
チャート分析で、日経225先物取引の見通しをたてることは可能です。 チャートとは......
日経225先物オプション権利取引
「日経225先物取引」は、日経225先物の売買契約をする取引ですが、「日経225......
日経225先物のデイトレード取引
個人投資家のデイトレーダーが、近年増加しています。 日経225先物取引でのデイト......
自己裁量・システムトレード方法
日経225先物取引などの証券トレード(取引)の方法は、おおまかに「システムトレー......
先物取引のシステムと自己裁量
日経225先物取引を個人で行っている方は、自分だけのルールを持っているものではな......
先物システムトレードのメリット
日経225先物の取引に、システムトレードを活用するメリットは、簡単にいうとシステ......

▲このページのトップへ