子宮のしくみと子宮ガンの初期症状

骨盤の真ん中に位置している、西洋ナシのような形をした臓器を子宮を言います。

スポンサードリンク

大きさなどは、妊娠してない状態でレモン程度の大きさとなっており、全長7cm最大幅4.3cm厚さ2.5センチです。

子宮には、子宮体部と子宮頸部があります。
それぞれの部分について、ご説明しましょう。

子宮体部・・・子宮の上方の3分の2を言います。
子宮頸部・・・子宮の下方の3分の1を言います。
子宮底・・・・子宮体部の頂上部分です。
子宮膣部・・・膣内に飛び出している子宮頸部の一部分です。
子宮口・・・・子宮頸部の入り口です。

子宮腔・・・子宮体の内部の事で、空洞となっています。
※妊娠した場合、この子宮腔で胎児が成長する事となります。

この子宮に出来る癌を、「子宮ガン」といいます。
乳ガンと同様に、女性にもっとも多い癌の一つでもあるのです。

子宮ガンには、子宮頸癌と子宮体癌の2種類があります。

しかし、子宮ガンとういのは早期発見できれば、治る病気なのです。

女性特有の癌として知られているものに、「乳ガン」というものがあります。
乳ガンの場合は、自分で触れるという自己診断法によって発見する事が可能です。

しかし、子宮ガンの場合、自己診断法というのはありません。

そこで、利用してもらいたいのが集団検診や定期健診です。
集団検診や定期健診を行う事によって、早期発見することができる為、進行を止めて治すことができるのです。

子宮頸癌や子宮体癌の場合の、代表的な初期症状が不正出血です。
ですから、不正出血がみられた際には、ただちに専門家での診断を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

更年期と閉経 不定愁訴症候群
子宮がんの発症する年齢というのは、子宮頸癌の場合で40〜60歳代が多く、50歳代......
ウィルス等の初発因子と促進因子
発ガンのきっかけというのは、「初発因子」「促進因子」の組み合わせによってがんの遺......
がん細胞の増殖と浸潤
「子宮がん」「卵巣がん」「乳がん」は、女性特有のがんとなっています。 しかし、早......
子宮ガンの初期期症状 器質性出血
子宮ガンや子宮筋腫といった、女性特有の病気の初期症状として不正性器出血が起こるの......
初期症状 不正性器出血 機能性出血
子宮ガンを含む女性特有の病気の初期症状として、不正性器出血があります。 不正性器......
子宮がん初期症状 帯下の色と匂い
帯下というものが、女性特有の病気の初期症状のひとつとしてあります。 帯下とは何の......
子宮がんの初期症状 帯下の腐敗臭
不正性器出血と帯下が、子宮頸癌・子宮体癌の初期症状として見られるのが特徴となって......
初期症状 帯下と不正性器出血
不正性器出血というのは、子宮がんの初期症状の一つでもあります。 赤色や褐色の出血......
妊娠以外の性器出血は病気初期症状
不正性器出血は子宮がんの初期症状の一つでもありますが、子宮内膜炎や早産、流産や結......
不正性器出血 子宮体がんと子宮頸癌
子宮体がんと子宮頸癌の2種類が、子宮がんにはあります。 これらの癌の初期症状とし......
子宮癌の化学療法による副作用
癌の治療としては、化学療法や放射線療法、手術療法などが行われます。 主に癌の治療......

▲このページのトップへ