更年期と閉経 不定愁訴症候群

子宮がんの発症する年齢というのは、子宮頸癌の場合で40〜60歳代が多く、50歳代が最も発症しやすい年齢となっています。

スポンサードリンク

子宮体癌の場合は、50〜60歳代が最も発症しやすい年齢となっているようです。

この年齢に該当する場合、不正性器出血や帯下に関して注意しておきましょう。
不正性器出血や帯下の異常を感じた場合、何らかの病気のサインとして考えるようにしましょう。

この段階は初期症状となるので、早急に専門科で診察してもらえば恐ろしい結果にはならないからです。

女性の40〜60歳というのは、成熟期から老年期へと移行していく時期でもあるので、卵巣も衰え始めます。
そして消失していき「閉経」していく時期でもあります。

閉経が訪れる平均年齢は、個人差はありますが50歳くらいと言われています。
しかし、その前に「更年期」というものがあります。

不正性器出血というのは、閉経後には月経がないので起こらないのが普通でしょう。
しかし、閉経後に不正性器出血や帯下の異常が起きた場合は、子宮がんなどの色々な病気のサインでもあります。

帯下が増えてきたり、膿を含んでいたり赤色っぽく血が混じっている場合には、直ちに病院にいって検査をしてもらいましょう。
勿論、子宮がんなども考えられますが、閉経後によるホルモンのバランスの乱れなどによって起こる「老人性膣炎」「外陰炎」なども考えられます。

また、50歳前後の閉経年齢というのは、女性にとって色々な身体の機能が変化する時期になります。
よって、「不定愁訴症候群」といって不快な症状が次々と襲ってくるようになるでしょう。

この時期に起こる症状というのは、人それぞれ異なるので一概にはいえませんが、かなりキツイ状態になるようです。

しかも、子育ても終えてひと段落できる時期にもなります。

今までは、自分の身体のことには全く関心を持っていなかった女性達に、今度は自分の身体を大切にするように起きる症状かもしれません。
とにかく、更年期や閉経後というのは、ゆったりとしてリラックスしてストレスを抱え込まない生活を送るようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮のしくみと子宮ガンの初期症状
骨盤の真ん中に位置している、西洋ナシのような形をした臓器を子宮を言います。 大き......
ウィルス等の初発因子と促進因子
発ガンのきっかけというのは、「初発因子」「促進因子」の組み合わせによってがんの遺......
がん細胞の増殖と浸潤
「子宮がん」「卵巣がん」「乳がん」は、女性特有のがんとなっています。 しかし、早......
子宮ガンの初期期症状 器質性出血
子宮ガンや子宮筋腫といった、女性特有の病気の初期症状として不正性器出血が起こるの......
初期症状 不正性器出血 機能性出血
子宮ガンを含む女性特有の病気の初期症状として、不正性器出血があります。 不正性器......
子宮がん初期症状 帯下の色と匂い
帯下というものが、女性特有の病気の初期症状のひとつとしてあります。 帯下とは何の......
子宮がんの初期症状 帯下の腐敗臭
不正性器出血と帯下が、子宮頸癌・子宮体癌の初期症状として見られるのが特徴となって......
初期症状 帯下と不正性器出血
不正性器出血というのは、子宮がんの初期症状の一つでもあります。 赤色や褐色の出血......
妊娠以外の性器出血は病気初期症状
不正性器出血は子宮がんの初期症状の一つでもありますが、子宮内膜炎や早産、流産や結......
不正性器出血 子宮体がんと子宮頸癌
子宮体がんと子宮頸癌の2種類が、子宮がんにはあります。 これらの癌の初期症状とし......
子宮癌の化学療法による副作用
癌の治療としては、化学療法や放射線療法、手術療法などが行われます。 主に癌の治療......

▲このページのトップへ